詩をおいておくところ

1984年生まれ。詩を書いては残しします。

捨てる事、執着を拭う

去年の秋口からくらいか、台風で駄目になったものを捨てた。

捨てるついでに要らないものも捨てた。

そうしたら幾分か、心持ちも軽くなったように思えて今度は要るものもいくつか捨てた。

そうすると、おやおや、僕が僕らしいとおもっていた事のいくつかはただの拘りにすぎないと思えてきた。

今度はいくらか人間関係を捨てた。

もう連絡をとらないであろう人、とるかもしれないが幾分か心に不快感やもやのようなものを感じる人、どうでもいいやつ、に混じって相容れなさを感じるが大切な人、いい思い出をもつ数人か、も捨てた。

これで僕は随分行かなくてよい方向に心が動いたり誰にもっとなにかしてあげたらよかった、などの気持ちの揺らぎが少なくなった。

人生は短い。

見たり聞いたり会うたり感覚に取り入れるものは選ぶ権利がある、と知った。

相容れぬものを無理やりに赦してこころすり減らす必要もなく、また、無理やりに赦していただきたくもない。

気に入らなければ、消えろ。

という潔さを知った。

時間は遡って、過去の家族との楽しい思い出も捨てた。そうすることで現在の家族への煩わしい執着も捨てることができた。

要るものと要らぬものを捨てて捨ててしてゆくうちに

この世界はなにかの約束事で結ばれているのではなく、ただ在るということ、で結ばれているのだな

という事を知り、感謝の思いが生まれる。

僕が捨て去ったものたちも生き生きと在り続けて欲しいと願う。

そして、他者や、あるいは自分に対して祈ったり願ったりすることも捨てる。

自分に祈ったり願ったりするこころが減っていくと、いっそ死んでしまいたい、やいつまでも長生きしたい、などという気持ちが薄らいでゆく。

逆説的になにも願わない事がねがったりかなったり状態に入っていくのだ。

ただ息をしてる身で、この大気には人の指紋のように微細に運命や流れのようなものがあるのだなあ、と最近は感じだしている。

その流れに身を任せて過ごしていこうとおもう。

一日

ともあれこうして一日やってのけた身体とこころを自分くらいはいたわってやらなくてはならない

 

明日にはまたそれらの自分を案ずることばたちも重荷になるだろうから

 

疲れ恥を飲んだくちからしらずしらず漏れるいのちを支えることば

 

血や骨に溶け込みそれがなにであったかも忘れた言葉のいくつかが

 

図らずも何かを目指した旅のように

私の座標を変える

 

眺めるでもなく星を眺める 

きれいだなと少し思ってすぐ忘れる

 

凡庸の天才

どこに行ってもそこが家

そこでなにをたべても慣れ親しんだ味

初めて会った人も通ずるものがあればそれは家族か旧知の仲

民族も国境もなく。

突出したこともなくへりくだることもなく。

 

なにか雲の上のような事を目指すとてんでダメ。

この人がどんな事で笑ったかどんな味が好きか

なにに悩んでいて、なにが巻き返せない事柄か。

一生懸命やってることはなにか、取り返せない怠け方をしたことはあるか。

人に説教をすることもなく、押し付けられても染まることなく。

飽きもせず同じことをしても新しい発見をし

人それぞれにある暗がりを取り立てもせず咎めもせず。

苦しい事に囚われても必ず元気で穏やかなところに戻る。

そんな人になろうと思います。

 

怖いこと。

死ぬのが怖いからこうやって生きてるんですよ。

 

それ以上はないです。

 

だから望みと聞かれても、それはすぐに思いつかないなあ。

 

生きている心地の悪さから逃れるために色々なことをしました。

 

失敗したり、たのしい思いをしたり。

 

その時々をそれが生きている醍醐味だというならば、

 

たしかに悪くはなく、おもしろいものです。

 

袋に入った僕のいのちを、もうひとりの僕が頑張れ。と見ているような。

 

僕に宗教はないです。

 

ちっぽけなままでよいです。

 

死ぬのが怖いというのは悪くないことだと思います。

 

なにくそと思う尊さが自分にそなわっている。

 

だからそれでいいんだとおもいます。

 

ずっと前からから決まってたような青空ひとつ

 

河原の土手に海からの風が吹いている

 

文化住宅で誰かラジオ聞いてるみたいだ

 

昔の歌は愛情がある歌詞でよいね

 

全てに終わりがあるなんて信じられないくらいきれいだ

 

窓が沢山ある角部屋であいしあう

 

全部が完璧だとおかしくなってしまいそうなんだ

ビニール袋の中には鰯が8匹

埃だらけの掛け時計は止まったまま

 

ちくしょうこんなに完璧なら

今すぐに終わってしまえばよいのに

ちくしょうこんなに完璧でないのに

いまさらになってどうしても生きたい

 

時間

誰が

見も知らぬ人が空調も無い湿った部屋で

亡き妻の事を思いながら 湿気に撓んだ畳の上で

日がなラジオを聞いていると想像するだろうか

 

或いは

緩やかに死にゆく身体に苛立ちながら明瞭な思考を持って、自分が今どこにいてどういう存在かを認識し、どうすればいいのだろうとこころを捩っている人がいると想像するだろうか

 

知らぬ人に対してそのような想像はきっとしない

人は未来に手を届かせることができる人にしか思いを馳せないかもしれない

未来に全ての人は手を届かせられると思っているひともいるかもしれない

遍く人間に朝と夜が来る

 

起床し、飯を食い、屁をして、寝る

 

人間は時間を規定してから

こころのどこかで

どこかしらにどうせいつか死んじゃうし、というこころがあるのかもしれない

それだから非常に現世的な、尺の短い考えでものを欲望し、作り壊しほったらかす

 

こんな事も考えた

動物は時間という概念が朝と夜以上のものを持ち合わせないとしたら

それは彼らが無限の生を為し無限の死を遂げている、と

そこには悔しさも憎しみも存在しないのかもしれない

僕は人間だものだから

そんな事に時々強く憧れます

 

 

生きている

今になってすべてが黄金色にみえるよ

足元からのびた道はぼくのハートにつながってる

今になってすべてがはじまりにもみえるよ

ぼくたちはとしをとらない永遠のうたごえ

ふと泣きたいような鮮やかな夕暮れ

ハートをたぐればだれかきっと抱きしめてくれるだろう

ぼくの身体はあたたかいよ

みんなきっと暖かいよ

生きている証をおみせしましょう

 

今になってすべてが黄金色にみえるよ

ゲームオーバーの後に続く長い長いストーリー

世界の人が平和でありますように

今日は世界中の涙が乾きますように