詩をおいておくところ

1984年生まれ。詩を書いては残しします。

掠れた温もりはVHSの中

ゼラニウム/アドバルーン/ブラウン管/16時半/マンション4階からパチンコ屋が見えた/1984/ブラックバス釣りに行く/鬱々として夢見がち/家族の中の勝敗/甘ったるい思い出/コンビニからコンビニへ/同じところをぐるぐる周る/マンションの踊り場/夕陽が射す/川まで歩こう/漫画家目指してた友達は突然死んだ/小学20何年生/線路から向こうは校区外/バースデーケーキ/いつも湿った駐車場/ボンネットからボンネットへ/屋上から花火眺める/気絶ゲーム/神崎川を超えて/駅の木はもう無い/待ち合わせしなくても集まってくる/望遠鏡で眺める/カセットテープはまたA面へ/CD視聴/足で弾くカシオのキーボード/性的な青空/話すことなくてまたビール空ける/昭和が点在する/水風船夜に投げる/夜行バスが永遠を走る/二人乗りでのカーブ/トレブルだけで聞くブランキー/牛乳の蓋/とかげ/すりガラス/先輩の家のビートルズ/流れ星を見に自転車で/ずっと終わらないのも飽きる/ジミヘンドリクスのスコア/ピグノーズ/100円ショップのコンドーム/イエロートラッシュ/