詩をおいておくところ

1984年生まれ。詩を書いては残しします。

きれいな石

きれいな石ひろいにいこう
ずっと昔がわかるから
赤や緑やだいだいかきわけ
うつらうつらを歩くのだ

きれいな石をひろいにいこう
もうないことが照らされて
安心しながらねむってる
まにまにの間おどってる

やまのかたちがほら見えた
こえだけのうたがこだました
若い新芽が背伸びして
青空いっぱい しるしした