詩をおいておくところ

1984年生まれ。詩を書いては残しします。

おとな

大人は無心では眺めない

いつもあくせく働いて

死にたくなる理由を探して

簡単な現実をこじらせる

何をみても何を聞いても知ったかぶりで

人の噂に流される

人間は減点方式で少しずつ磨耗するのだと考えると

ちょっといやですねえ

がんばってがんばって

友達と釣りに出かけていた時のような幸せにもどりたいです