詩をおいておくところ

1984年生まれ。詩を書いては残しします。

怖いこと。

死ぬのが怖いからこうやって生きてるんですよ。

 

それ以上はないです。

 

だから望みと聞かれても、それはすぐに思いつかないなあ。

 

生きている心地の悪さから逃れるために色々なことをしました。

 

失敗したり、たのしい思いをしたり。

 

その時々をそれが生きている醍醐味だというならば、

 

たしかに悪くはなく、おもしろいものです。

 

袋に入った僕のいのちを、もうひとりの僕が頑張れ。と見ているような。

 

僕に宗教はないです。

 

ちっぽけなままでよいです。

 

死ぬのが怖いというのは悪くないことだと思います。

 

なにくそと思う尊さが自分にそなわっている。

 

だからそれでいいんだとおもいます。